気品とは 育ち?環境?友人?何が関係している!?

友人たちと食事をしているときに『気品』がある人とない人に分けられるのは何が原因なのかという話題で盛り上がりました。
話の始まりはふとした疑問からでした。
「同じご飯を食べているのに、上品に見える人って何が違うんやろか?」
と急に疑問を投げかけてきた友人。
各々、「家庭環境やろ」「育った場所やで」「お金持ちか貧乏の違い」「付き合ってきた人の質」など色々な意見が飛び交いました。
話がまとまらず、まずは気品とは何なのかと議論!!
気品???気品・・・聞いたことはあるけどなんやろ?
上品下品みたいなことやろと確信が持てる答えが出ず、検索・・・・・・

気品とは、どことなく感じられる上品で気高い趣。

なんとも曖昧な解説。しかし、言いたいことは凄く分かる。
これをもとに話を進めていきます。

どことなく感じられるということは、やはり育ちが関係しているのではないかと推測を立て、育ちが良いと振る舞いが良くなり、気品があるように見える。
気品とは知識によって、身に付ける事が出来るのではないかと話は発展していきました。

知識によって身に付けることが出来るということは、気品は親の影響が大半を占めているのであろう
気品を身に付けると得なことはあるのか?
それは間違いなくあると言い切れるでしょう!

上品な振る舞いが出来るだけで、まずしっかりとした教育を受け教養のある人と見られます。
また、そんな子供を育てられる両親も教養のある方なのだろうと想像してしまいますよね。
下品な振る舞いだと反対に両親も下品だと思われてしまいます。

ここで友人たちと目を合わせて自分たちの振る舞いを思い返していきました。
「俺たちは下品やな」と笑い、これからは振る舞いも気を付けようと思ったそんな日でした。

振る舞いは、その人の育ってきた環境や、しいては人生を表していると言っても大げさではないかもしれません。
心に余裕がある人は、振る舞いも気品にあふれているはずです。

僕の好きな芸能人で「公衆の場で携帯電話で大きな声で喋っていたり、素行の悪い人は人間が1回目や」と話しているのを聞いて、それからはそう思うようにしています。
僕自身、1j回目なのかもしれませんが、イラっとすることも「この人は1回目だからしょうがない」と思うだけでイライラはなくなり、生活をしていく上で過ごしやすくなりました。

自分の行動に気を付けながら、人の振り見て我が振り直せ!
イライラして言い合いになれば同じレベルになってしまうので注意しよう(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました