【コリドラス】何故かハマってしまう⁉︎不思議な魚 飼育編

アクアリウム

こんばんわーくり坊です。

今日は、コリドラスの第2弾で飼育編を書いていきます。
前に紹介した魅力的な魚コリドラス(*^ω^*)
【コリドラス】何故かハマってしまう⁉︎不思議な魚 魅力編

飼育も意外と簡単で必要なものをピックアップしていきます。

コリドラスの飼育には必要なもの

水槽

当然ですね‼︎これがないと始まりません。
小さくても30cmのサイズが必要だと思っています。コリドラス以外に熱帯魚を入れるなら僕自身は60cm水槽がオススメです。
初心者の方は小さい方が簡単だと思いがちですが、水槽はそれなりに大きい方が水質、飼育環境の管理がしやすいので、初めての方はスペースがあるなら60cm水槽にするのがいいかも知れません。

フィルター

水槽とセットなのがフィルターです。
これも種類があり、上部式・外部式・底面式・外掛け式の4種類に分かれます。
コリドラスは、食欲が旺盛でエサで水がよく汚れますので、濾過能力の高い上部式か外部式を使うのがオススメです( ・∇・)

ライト

フィルターとライトは水槽とセットの物が最初は良いと思います。
種類が多すぎですし、何が違うかも分かりにくいのでセットが楽です。
僕もほとんどセットで買ってますが、全く問題ありません。

底床材

底床材は、必ず入れてあげた方がいいです。
コリドラスに適しているのは『田砂』『ボトムサンド』などの砂です。
コリドラスは習性で砂の中に口を突っ込んでエサを探します。
水槽内で、その行動が出来ることでストレスが減り、長期飼育がやり易くなります。
砂は出来るだけ粒の小さいものが良いでしょう。

ヒーター・クーラー

コリドラスの飼育可能な水温は20℃〜28℃ですので、冬場はヒーターが必要です。
低水温だと、白点病にかかりやすくなるので24℃ぐらいに設定するのがいいと思います。
夏場は30℃を越えると危険ですので、状況に応じてクーラーが必要になることもあります。

カルキ抜き

熱帯魚を飼う水は水道水をそのまま入れてはいけません。
水道水に含まれるカルキは魚にとって有毒で良くありません。
入れる前にカルキ抜きを使って、魚が過ごしやすい水にしましょう。

エサ

コリドラスは雑食でなんでも基本的な食べます。
グッピーなどと混泳するならグッピーのエサでも大丈夫です。
コリドラスだけを買うなら、コリドラス専用のエサも売っているので、そちらがオススメです。

メンテナンスグッズ

上記にもあったように食欲が旺盛なコリドラス‼︎
エサを良く食べるので、水・底床材も汚れます。
放置し過ぎると、コリドラスにも悪影響なので、掃除は必須です。
しかし、掃除はめんどくさい・・・
そんな掃除を快適にするのが、プロホースと前に紹介したスクレーパー。
とりあえず、この2つとバケツだけあれば何とかメンテナンス出来ます。

 

コリドラスは水質の変化にも強く、飼育しやすい魚です。
初心者の方でも、飼いやすく入門にはもってこいだと思います。
揃えるものが多く、始めにくいかもしれませんが、家に水槽があるのは、癒されて良いですよ( ̄∇ ̄)
興味がある方は、ぜひ始めてみて下さい。

 

最後に我が家のコリドラス達をどうぞ~

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました