【コリドラス】何故かハマってしまう⁉︎不思議な魚 魅力編

アクアリウム
スポンサーリンク

こんばんわーくり坊です。

今日は魅力的な魚【コリドラス】について書いていきます。

僕自身、何故かハマってしまい専用の水槽を立ち上げました。
不思議な魅力‼︎不思議な魚‼︎

なんか、ぼーーーーっと見てしまうんです。
色んな仕草が可愛い、そんなコリドラスを紹介します。

家のコリドラスは、いつも流木の下に群れていて萌♡

コリドラスって?

コリドラスは、原産地は南米で河川などに生息する小型のナマズの仲間です。体長は3㎝から最大10㎝程度で水底の微生物や有機物を採食します。
コリドラスという属名には、ギリシャ語でヘルメットの様な皮膚という意味があり、体は硬く大きな鎧状の2列の鱗板で覆われて、頭部はヘルメットの様な頭骨で形成されています。
種類が非常に多く、学名が記されている種で166種、未記載種も含めると200種にものぼると言われており、最多の種を含む属であります。
アクアリウムショップにいけば、必ずと言っていいほど売っているコリドラス。
コリドラス専用の水槽を作る方も多い、コレクターには堪らない人気の魚です。

コリドラスの魅力

見た目、動作が可愛い

ナマズ独特の間抜けな顔、なんか見ていてほっとします。
後、少し肥満体型の様な見た目‼︎
ゆるキャラみたいな?
癒されますΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
動きも、なんか必死で可愛いんです。
基本的には下の方にいるんですが、たまにヒレを動かしてエアーの気泡で上下して遊んだり、群れで何故か重なったり・・・可愛い

コレクション性が高い

コリドラスは最初に書いた様に、物凄い数の種類がいて全部書く事は不可能ってくらい多いです。
同じ種類でも個体差があり、模様、形、色、大きさ同じ魚は存在しません。
種類が多く個体差がある、マニアやコレクターの方には最高の魚‼︎
コリドラス専用の水槽で、色んな種類を買うなんてのも良いですね(o^^o)

混泳させやすい

コリドラスは温和で臆病な性格ですので争いを好みません。基本的にジッとしている事が多く、泳ぐ階層も他の熱帯魚と異なるため、大半の熱帯魚と混泳することが可能です。
同じ水底を泳ぐプレコとでも、僕の水槽では混泳出来てます。お互いが『我関せず』って感じで平和です。

餌の食べ残しを食べてくれる

コリドラスは【水槽の掃除屋さん】と言われています。
種類によりますが、水底を泳ぐので上層部を泳ぐ魚が食べ残した餌が底に落ちると食べてくれます。
まさに、掃除屋さん(=゚ω゚)ノ
コリドラスの習性で砂の中に顔を入れて餌を探す仕草がより、掃除してる感をだしているのかも

飼育がしやすい

コリドラスは種類が多く、一概には言えないのですが、比較的アクアリウムショップで販売されている種は飼育がしやすいです。
水質も神経質になって扱わなくても、大丈夫な魚なので、初めての方も始めやすく、可愛いコリドラスはオススメです。

毒に注意⁉︎

最後に、こんな可愛いコリドラスですが、『胸ビレ』に毒を持っている種もいます。
美しいものには棘があるみたいに、可愛いものには毒がある?

刺されても命に別状はないですが、注意はしましょう。痛いです。
タンパク質の毒なので、刺された場合は『ぬるま湯』で患部を温めることで、毒が変質して痛みを和らげることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました