【ダイイングフラッター】HEDDONの廃盤 元祖スウィッシャー

バス釣り

こんばんわーくり坊です。

今日はHEDDON(へドン)の廃盤プラグ、ダイイングフラッターについて紹介していきます。
ダイイングフラッターとは、へドン社から販売されていたダブルスウィッシャーのトップウォータープラグです。
独特な細身な形が不規則な動きを生み出し、弱った魚の動きを演出します。
また、スウィッシャーが前後に付けられており、アクションの際に心地いいスウィッシャーサウンドを奏でてバスを誘い出します。
2012年に惜しまれながらも生産中止となりへドンオリジナルのダイイングフラッターは廃盤になってしまいました。
しかし、現在はスミスオリジナルで復刻版が販売されており、名作トップウォータープラグの性能の高さを体験することが出来ます。

多くのトップウォータープラグが発売されており、現在のテクノロジーで研究が進み、様々な角度からの要素を取り入れて作られている最新のトップウォータープラグ達。
JackalやRAID JAPANなど多くのメーカーから販売されていますが、何十年も前に作られたダイイングフラッターは現在のルアーと比べても間違いなく釣れます( ̄∀ ̄)
僕もへドンのルアーを色々と使ってきましたが、使う理由の1番はよく釣れる‼︎
これに限ります。
もちろん、見た目やデザインなどといった好みの部分もありますが、やはりルアーは釣れないとダメです。
最新のルアーが釣れないと言っているのではなく、古い物でもさすがはへドンですよ。
計算されたフォルム、バランス、立ち姿勢など、トップウォータープラグの礎とも言える始まりのルアー、現在のルアーにも通づる設計が多く組み込まれています。
新しい物もいいですが、(僕も最新ルアーが大好きでよく使います)バス釣りが始まった初期の頃に設計されたルアーを使って、釣りを嗜むのも粋なものがあり、違った楽しみ方が出来ますよ。

おすすめの使い方

おすすめの釣り方は、ただ巻きです。
ただ巻き⁉︎っと思った方が多いと思いますが、試してみて下さい。
プロペラが回るか回らないかのスピードで巻いてくると面白いほど釣れます。
プレッシャーの高い釣り場であればあるほど、釣れる印象があります。
へドンのルアーは、ただ巻きで釣れる‼︎‼︎

是非、ルアーBOXにダイイングフラッターを( ^ω^ )

コメント

タイトルとURLをコピーしました