【積立NISA】コツコツ長期投資⁉︎ お得? メリット・デメリット

雑記
スポンサーリンク

こんばんわーくり坊です。

今日は、積立NISA(ニーサ)について書いていきます。

まず積立NISAとは、2018年1月から始まった少額からの長期・積立・分散投資を支援する為の非課税制度です。
積立NISAでの対象商品は、手数料が低水準・頻繁に分配金が払われない等、『長期・積立・分散投資』に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されているので、投資初心者の方にも利用がしやすい仕組みになってます。

積立NISAを始めるにあたって、まず悩むのがココ‼︎
積立NISAを始めようと思って調べていくと、一般NISA?『何それ⁉︎分からないし辞めよう』っという方いるかも知れません。

NISA(ニーサ)には積立NISAと一般NISAの2種類が存在します。
積立ニーサと一般NISAで投資方法や投資対象、利用期間が異なるので自分の投資スタイルに合わせて口座を選びましょう。
積立NISAと一般NISAは2つとも利用する事は出来ないので、どちらかを選択しなくてはいけません。

積立NISAと一般NISAの違い

  積立NISA 一般NISA
対象者 日本に住んでいて口座を開設する年の1月1日に満20歳以上の方
投資方法 積立方式 スポット購入、積立方式
年間投資上限 40万円 120万
非課税で保有できる期間 20年 5年
投資対象 基準を満たした投資信託 国内株式、海外株式、投資信託
非課税対象 対象商品にかかる配当金、分配金、売却益

こんな方には積立NISAがオススメ
・長期でコツコツ投資・時間をかけたくない・投資初心者・低額投資

僕も積立NISAで始めてみました(´ω`)

積立NISAのメリット

1.最長20年間 非課税

通常口座では投資で利益を得た場合、20.135%の税金がかかりますが、積立NISAでは、運用益・分配金が最長20年間非課税になります。その為、税金で引かれるハズだった分も運用にあてることが出来ます。

非課税枠の取扱

積立NISAでは、年間40万円を上限として投資対象の投資信託が購入できます。
購入した投資信託を保有している間に得た分配金と値上がりした後に売却して得た利益(譲渡益)が購入した年から20年間、非課税になります。
非課税で保有できる投資総額は、年間40万円×20年間で800万円となります。
20年の非課税期間が終了すると、NISA口座以外の課税口座(一般口座や特定口座)に払い出されます。積立NISAでは、翌年の非課税投資枠に移す事(ロールオーバー)はできません。

非課税の制度はいつまで

積立NISAは2037年までの制度とされていましたが、2042年までに5年間延期されました。
2042年に購入した投資信託は2061年まで、非課税で保有することができます。

2.少額から始められる

証券会社によって異なりますが、100円から始めれる所もあります。投資と聞くと大金を入れないと駄目‼︎お金持ちしか出来ない‼︎というイメージがありますが、今は少額からでも始めれます(o^^o)
自分の余剰金を使ってコツコツと投資をしてみるのも、良いかも知れませんね。

3.積立方式なので、自動で買付‼︎

積立NISAでは、投資方法が積立しか選べません。
しかし、積立内容は幅広く毎日、毎週、毎月、隔月、3ヶ月毎、年になど、自分の投資スタイルに合わせて選べます。
積立内容は証券会社によって異なりますが、毎月積立は、どこの証券会社でも可能です。
積立投資は自分で設定した日に自動で買付をしてくれるので、投資タイミングを判断する手間、買付をする手間がかかりません。

4.いつでも、換金できる

積立NISAは、積立ている資産をいつでも自分の好きなタイミングで用途に合わせて換金することが出来ます。iDeCoのように60歳まで換金できないということもないので、初めての人にもやりやすい

5.ドル・コスト平均法で平均買付単価を抑えれる

価格が日々変わる金融商品を一度に購入するのではなく、一定額ずつ分けて購入することで、平均買付単価を抑える方法です。
平均買付単価を抑えることで、相場が上昇した時に利益を出しやすくなり、損しにくくなります。

積立NISAのデメリット

1.元本割れする事がある

積立NISAで投資出来る対象は国の厳しい基準をクリアした基本的には、ぼったくりのない商品ですが、あくまでも投資。
元本が保証されている訳ではありません。
株の値動きによっては、20年後の売却時や途中換金する場合に元本割れしていることもあります。

2.対象の商品数が少ない

積立NISAで購入できるのは、厳しい基準をクリアした投資信託・ETFのみです。
投資初心者でも投資先を選びやすい反面、最近話題になった投資信託や、好パフォーマンスの投資信託に投資したいと思っても、その投資信託が積立NISAの対象でない場合は、購入することはできません。
非課税枠の中で、個別株式やREITへの投資を考えたい場合は、積立NISAではなく一般NISAを選ぶ必要があります。

3.損益通算、繰越控除が出来ない

積立NISAで、もし損益が出た場合、通常の投資では認められている他の運用益と相殺したり(損益通算)、年をまたいで繰越したり(繰越控除)がNISA口座では、出来ません。
積立NISAだけでなく、一般NISAでも出来ません。

 

 

将来に向けてコツコツと備えよう‼︎
上記のように、積立NISAなら投資初心者でも『長期、積立、分散投資』を有利にスタート出来て、安定的に資産形成していく事がやりやすくなります。
プラス税制制度も味方につけて、よりお得に資産運用ができる制度だと思います。
メリット・デメリットを理解した上で、積立NISAの活用を検討してみて下さい(о´∀`о)

コメント

タイトルとURLをコピーしました