【タルムード】説話5 正直な仕立て屋『偽装商法は幸せを遠ざける-正直な生き方にお金は宿る』

雑記

こんばんわーくり坊です。

今日は「タルムード」の中から1つ説話を紹介します。
タルムードって?方は、ぜひこちらも→【タルムード】説話1 魔法のザクロ『ノーペイン・ノーゲイン-犠牲なくして成功なし』

【正直な仕立て屋】
ある国で大干ばつが起こった。
何日経っても雨は一向に降る気配がない。
作物はすべて枯れ、飲む水がないために家畜は次々と死んでいった。

そんな時に、ある村のラバイが夢を見た。
夢の中で、神がそのラバイに「この次の安息の日に服の仕立て屋の主人に、ビマー(祈り台)で祈りを捧げさせなさい。そうすれば大地に雨を降らせよう」と、話した。
翌朝、ラバイはこの夢のことを思い出したが、すぐにこう考え直した。

「あの仕立て屋の主人は、ヘブライ語も良く読めず、聖書の内容もろくに覚えていない。あんな人間に皆を代表させてビマーで祈らせるなど、どうしてできるだろうか。こんな夢は当てにならない」
神への祈りはヘブライ語でするものと決まっており、当時、ヘブライ語はきちんと勉強しなければ読めない言葉だった。
そこで、村ではヘブライ語を使える人間を集めて祈らせ続けたが、雨はまったく降らなかった。

1週間が過ぎて、またラバイは同じ夢を見た。それも無視すると、また次の週にも同じ夢を見た。
ラバイは3度も同じ夢を見たので、これは神の意志に違いないとして、仕立て屋に祈らせることにした。仕立て屋は、いつも使っている巻尺を持って祈り台に向かうと、気負うことなく自分の言葉で、次のように祈りだした。

「神様、私は仕立て屋の仕事を始めてもう40年にもなりますが、ただの1度も人を騙したり、ずる賢い商売をしたことはありません。この巻き尺をご覧になってもおわかりのとおり、一分の狂いもない正確な巻尺を使っています。他の仕立て屋は、わざと目盛りを狭くした巻尺で生地を多く使ったように見せて、高い値段で服の代金を請求しています。私はそういうことをしていません。どうぞ、この私の正直で適正な商売を評価していただけるならば、なにとぞ雨を降らせてくださいませ」

すると、天空に雷鳴が轟いたかと思うと、一天にわかにかき曇り、大粒の雨が降り出した。
大地を潤す恵みの雨で会った。人々は歓喜の声を上げ、その雨で国中が救われた。
仕立て屋の起こした奇跡を見たシナゴーグの会衆たちは、自分の店に飛んで帰り、秤や巻尺を正しいものに取り替えたり、修正したりした。

そして、これにならって国中の人が同じことをして、ごまかしたり、不正な商売をする者は誰もいなくなった。この様子を見た神は大変満足されて、その国に毎年決まった時期に雨が降るようになり、人々が干ばつに悩まされることはなくなった。

これで説話はおしまいです(‘◇’)ゞ

この話で分かることは偽装商法は幸せを遠ざける-正直な生き方にお金は宿るということですね。

お金の大切さと魔力の両面を考える

ユダヤの子供たちは、こんな物語を聞いて育ちます。
だから、みんな不正なことをして儲けているんだから自分も同じようにしていいとは考えません。
この説話のポイントは商売で大切なことは、お金そのものではなく『正直な生き方を貫くこと』

ユダヤ教ではお金は大切なものとして扱う。
ないよりあったほうがいい、あれば人生を幸福にするものの1つだと考える。
「貧しくても、清く正しく生きればいい」などと恰好を付けることもしない。
ユダヤの人にとって、貧しいことは単純に「不幸」なことなのである。
貧しければ家族も養えないし、子供たちに教育も与えられない。
「清ければいい」などというのは詭弁だと思っている。
しかし、常に物事の両面を見る。

お金の大切さだけでなく、お金の持つ「魔力」についても同時に思考を巡らせる。
お金を追求しすぎると「適正さ」「正直さ」という大切なことを忘れてしまう。

日本には「正直者はバカを見る」ということわざがあるが、これは知恵でもなんでもなく、強欲な人間が自らを正当化する言い訳にしか聞こえない。
正直者は鈍くさい、知恵がないといった差別的な視線もそこにはある。
しかし、本当に損をするのは、強者の慢心で、そうした正直な人たちをバカにする人間の方だ。

ずる賢い商売でいくらお金を貯めても、決して自分も家族も幸せになれない。
結局は不幸を呼び寄せることになる。

なんとも鋭いところを突いた説話でしょうか。
タルムードの説話は、思い当たる節が多くあり、自分を見直す良いきっかけになりますね。
みなさんはどうでしたか?

また、次回の説話をお楽しみに~~(@^^)/~~~

コメント

タイトルとURLをコピーしました