【タルムード】説話1 魔法のザクロ『ノーペイン・ノーゲイン-犠牲なくして成功なし』

雑記
スポンサーリンク

こんばんわーくり坊です。

今日は「タルムード」の中から1つ説話を紹介します。
タルムードって?方は、ぜひこちらも→【タルムード】リスク・コントロール⁉ ユダヤ人の成功哲学の秘密

【魔法のザクロ】
あるところに仲良しの3人兄弟が住んでいた。
兄弟がそれぞれ成人に達したので、10年間各地で修業をすることにした。
1人は東に、1人は西に、1人は南に旅立った。

兄弟たちは旅立ちの前に誓い合った。
また10年後にこの家で会おう、そして、それぞれの10年間に自分が見つけた最も不思議なものを持ってくることにしよう。

一番上の兄は東に行き、ある旅人から世界の隅々まで見える不思議なガラスのコップを買った。
このコップから世の中を見渡すと本当に世界の隅々まで見えるのである。
長兄は、他の兄弟がどんなものを持ってくるかわからないが、これこそが世界で最も不思議なものに違いないと心の中で確信した。

2番目の兄は西に行った。そして、ある町で絨毯売りに会った。
絨毯売りにその絨毯はいくらかと聞くと、不思議なことに指差した絨毯がモソモソと勝手に動き出した。2番目の兄は大変驚いて、絨毯売りに尋ねた。
「何だ、この絨毯の下にネズミでもいるのではないか」
すると絨毯売りは鼻を膨らませてこう切り返した。
「とんでもない、この絨毯は生き物です。空高く飛んでいくことができるのです。これに乗ればどこでも鳥より速く飛んで行くことができます。今お買いにならないとすぐに売れてしまいますよ」
そこで2番目の兄は、この空飛ぶ絨毯こそ世界で最も不思議なものだと思い、大金をはたいてその絨毯を買った。間違いなくこれで他の兄弟たちよりも抜きんでたに違いないと確信した。

一番下の弟は南へ行った。どんどん南に行くと、不思議な森に出くわした。
その森の中をズンズン入って行くと、一本の不思議なザクロの木が立っていた。
何が不思議かというと、そのザクロの木には花はいっぱい付いているのに、実は1つしかなっていない。しかもその実は真っ赤に熟しているのに、たった1つだけなのだ。
不思議に思ってそのザクロの実を取ろうと手を差し出すと、てのひらにポタッと落ちてきた。
するとまた不思議なことが起こった。
咲いていた花の1つが急に真っ赤な熟れたザクロの実に変わったのである。
「うん、これこそ世界で最も不思議なものだ。この木を持って帰ろう」
そう思ったとたんに、なんとザクロの木はパッと消えてなくなってしまった。
はっとして手の中を見ると、ザクロの実は消えずに残っている。
一番下の弟は、このザクロの実こそ不思議なものだと確信し、10年後に再開を誓った家に戻ってきた。

3人の兄弟は、それぞれ持って帰ったものをお互いに見せ合った。
世界の隅々まで見渡せるガラスのコップで見ると、なんとある国のお姫様が重病でベッドに寝ている姿が映った。傍らで王様が嘆いている。
「誰か治してくれる者はいないか、早く治してくれる者はいないか。どんな医者を呼んでもこの娘は回復しない。早くしないと死んでしまいそうだ」と嘆いている。

これを聞いた3兄弟は、急いで行こうと、魔法の絨毯に乗ってお姫様の元に飛んで行った。
そして、これを食べればお姫様の病気がきっと良くなるに違いないと、ザクロの実を半分に割りお姫様に差し出した。
一口、二口、お姫様が食べると、顔に精気が戻り、それまで歩くこともできなかったお姫様が力強く立ち上がることができた。

王様は感激し、3人兄弟にこう申し渡した。
「お前たち3人のおかげで姫が重病から回復した。3人の兄弟の誰でも、姫と結婚してよい。3人で話し合って誰が結婚するか決めなさい」
すると姫が「私に質問させてください」と割って入った。

まず一番上の兄に姫が聞いた。
「あなたは、世界の隅々まで見渡せるガラスのコップで私の重病を発見してくださいました。その望遠鏡のようなコップは今でも元のままですか?」
一番上の兄-「はい、まったく元のままです」

姫-「2番目のお兄様、あなたの魔法の絨毯に乗って私のところにいち早く駆けつけてくれましたが、その絨毯は今でも空を飛べますか?」
2番目の兄-「はい、全く元のままで何も傷ついていませんし、空を飛べます」

姫-「さて3番目の弟、あなたは私にザクロの実を食べさせて病気を治してくれました。そのザクロの実は以前と違いますか?」
一番下の弟-「はい、お姫様に半分差し上げましたので、今は半分しかありません」

そこで姫は高らかに宣言しました。
「私は、この一番下の弟と結婚します。彼は私のために大切なザクロを半分失ったのですから」

これで説話は終わりです。めでたしめでたし(^^)/

この説話から学べることは『ノーペイン・ノーゲイン-犠牲なくして成功なし』
失ったものの大きさに成功は比例する

エジプトで奴隷となっていたユダヤ人は、モーゼに連れられて脱出する時に、携帯できない全ての財産を捨てていった。
着の身着のままでの脱出行だった。財産も住み慣れた場所も、一切合財を捨てて、そして砂漠の中を40年も彷徨した。
ユダヤ人として最大の犠牲を支払った、史実からの教訓を優しく教えるのが、このザクロの説話であります。

『ノーペイン・ノーゲイン』は「自己犠牲なくして成功は得られない」という、金銭哲学を超えた人生哲学である。
何かを得る為には必ず失うものがある。先に失わなければ何も得られない。何も失わず、楽して成功することなどありえない。
そして、捨てる時期も重要である。捨てる痛みが先なのである。
まず大切なものを捨てよ、ゲインが見えてきたら捨てよう、ではダメなのだ。
得る為に捨てるのではなく、捨てなければ道が開けない。

この説話は現代社会にも通ずるものがある。
「すぐに儲かる話」や「手軽に稼げるビジネス」といった詐欺に騙されて財産を失う。
この説話はそうした安易な金儲けへの警鐘なんのです。

安易な金儲けには落とし穴が隠されています、「自分の身を削ってこそ」そうした落とし穴を見抜くことができるという教えでもあります。

大切なものを失わなければ何も得られない。
これこそがユダヤ人が肝に銘じている、お金に関する大原則である。

 

すごく良い本なので良ければ読んでみて下さい(#^^#)
では、また~~~次の説話で~~

コメント

タイトルとURLをコピーしました