【タルムード】説話2 7匹の太った牛と7匹の痩せた牛『豊かさの次には必ず大貧困が襲ってくる-しかし貧困の次に豊かさが来るとは限らない』

雑記
スポンサーリンク

こんばんわーくり坊です。

今日は「タルムード」の中から1つ説話を紹介します。
タルムードって?方は、ぜひこちらも→【タルムード】リスク・コントロール⁉ ユダヤ人の成功哲学の秘密

【7匹の太った牛と7匹の痩せた牛】
ある時、エジプトのファラオが夢を見た。
ナイルのほとりから7匹の丸々と太って体格の良い屈強な牛が現れた。
その牛たちはナイルに生えている葦を食んでいた。
ところが、ファラオが立ち去ろうとすると、その7匹の健康極まりない太った牛の後ろから、同じく7匹のガリガリに痩せこけてあばら骨が見える、いかにも不健康そうな牛が現れて、なんとその太った屈強な牛たちを食べてしまったのである。

ファラオは、この夢がどういうお告げなのかと国中の預言者や臣下を集めて聞いたが、誰もわからない。たまたまその時、牢屋に閉じ込められていた1人のヘブライ人が、夢をよく当てるというので、ファラオの前に召し出された。
このヘブライ人こそ、後にエジプト最高執政官になるジョゼフである。
ジョゼフは、時代の流れを正確に読み解いた人類史上最初の経済学者とも言われている。

ジョゼフはファラオに向かって、夢の解釈をこのように告げた。
「エジプトにこれから7年間大豊作が訪れます。その間は豊作に次ぐ豊作で、驚くほど大量の穀物がとれ、大豊作となるでしょう。しかし、その後の7年間は大飢饉が訪れます。何の作物も育たず1粒の小麦も取れないほどの大飢饉です。人々が大豊作のことを思い出したくても思い出せないほどの、恐ろしい大飢饉が7年間も続きます」

ファラオはジョゼフを最高責任者に任命して7年間の大飢饉に備える対策を講じさせた。
ファラオが「どんな対策を考えているのか」と聞くと、ジョゼフは「豊作の7年間の間に毎年の収穫を食べつくしてしまわずに、可能な限り貯蔵しなさい」と進言した。

ファラオはその通りにし、穀物を可能な限り倹約して貯蔵した。
豊作の7年間が過ぎ、8年目に予言通りの大凶作が訪れた。
その大飢饉はエジプト全土を覆いつくすのみならず、全世界にまで及び、7年もの間、人々を苦しめた。そして、多くの周辺諸国は大飢饉により、その富を失ったが、ジョゼフの進言を取り入れたファラオのエジプトだけは、蓄えていた穀物で長き受難を乗り越えられたのである。

これで説話は、おしまい(*ノωノ)

 

この説話で分かることは、『良いことの次には必ず非常に悪いことが起こる。抜け出せるのは準備をした人だけ』

ユダヤでは「7」という数字を一区切りと考える。
説話の中に登場する牛の数も「7」である。
ヘブライ聖書によれば、神は天地創造を6日間で成し遂げ、7日目に休養した。
6日働いて1日休むサイクルを実施したのは人類史上ユダヤ人が初めてだ。
ユダヤの農業も6年間続けて収穫したら、7年目は休耕年にする。
連作を続けていくと土地が瘦せてしまうからだ。

ユダヤ人は経済の変動もだいたい7年間で考える。
説話の大豊作と大飢饉が7年単位で起こったように、好況と不況も7年周期で変化すると見る。

好況と不況を見極めて、好況の内にしっかりと不況に備えることがとても大切です。
今は不況なのか?好況なのか?
今はコロナウイルスで不況なのか?
でも、株価は戻りつつある

判断がとても難しいですね。経験が少ないからかアホなのか…
僕は常に備えるようにしよう(ToT)/~~~
これなら安心ですよね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました